保湿で肌の悩みを解決|妊婦特有の妊娠線にも効果を発揮する潤い成分とは
レディー

妊婦特有の妊娠線にも効果を発揮する潤い成分とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

保湿で肌の悩みを解決

お尻

保湿すればキレイになる

ワキガ解消のために脇毛を処理している方は多いでしょうが、脇毛の多さに比例して黒ずみも発生しやすくなります。処理の頻度が多くなり、1回あたりの処理の時間も長くなるため、肌に刺激を与えてしまうのです。刺激を与えないためには自己処理をやめて、医療脱毛でツルツルにするのが理想です。すでに黒ずみに悩んでいる方は、入浴後に脇用クリームを使用して潤いを与えてあげましょう。潤いでプルプルになった肌はバリア機能も高くなり、黒ずみ・炎症・ニキビを抑えることができます。クリームは制汗スプレーよりも刺激が弱くて、保湿作用が長く継続するのが特徴です。脇下にはバリアゾーンが存在するので、入浴時にお湯に浸かるだけでは保湿できません。クリームをたっぷりと塗って、乾燥や紫外線の刺激をブロックする必要があるのです。

効果を高める使い方

肌の健康と美容のためには、保水力を維持することがポイントとなります。プルプルになった肌は、乾燥のダメージを深部まで届かせないようにブロックします。ひとたび黒ずみが発生すると消すのに時間がかかるので、乾燥・くすみを感じたらすぐにクリーム保湿をしましょう。クリームは消臭効果に関しても、スプレーやリキッドより優れているのです。脇下にあるアポクリン汗腺はベタついたたんぱく質含有の汗を発するため、これを抑えていくためにもクリーム保湿を徹底しましょう。1日1〜2回の使用で保湿・消臭作用が24時間は継続してくれるため、入浴後は起床後に使用してください。起床後は汗をタオルで軽く拭き取ってからクリームを使用するといいです。